マジ!? マイナンバーで水商売がヤバイ・・・

マイナンバーで水商売がヤバイです。キャバクラや風俗の副業OLや家族に内緒の副業バレから税金問題など・・・ 取り返しがつかないことになるかも?
MENU

マイナンバーで水商売で働く人に大ダメージ!!

マイナンバー水商売

マイナンバーで水商売が・・・
水商売の仕事をしている方は、その仕事をしていることがばれたくないと考えています。アリバイ対策なども行って、少しでも分からないようにしていることは多いです。

 

しかしマイナンバーによって、そのアリバイ対策が無意味なものとなってしまい、働いていることが気付かれてしまう可能性を持っているのです。マイナンバーによって確認を行うことになりますので、これで働いていることが分かってしまう可能性もあり、キャバクラや風俗などには大きな影響が出るとされています。

 

特にアルバイト感覚で始めようと思っている方が、マイナンバーによって働きづらいような状況を生み出してしまう可能性があります。最大の問題として、マイナンバーを行政の機関等に提出しなければならないので、この番号が風俗系の仕事をしていると分かってしまうのです。これによって気付かれるようになってしまい、マイナンバーから風俗嬢やキャバクラ嬢というのが透けて、親にばれたり友達に気付かれる等の問題が生まれてしまいます。

 

折角高い収入を手に入れるために仕事をしたいと思っていたけど、実際には仕事をしたいと思っていたのにマイナンバーの影響で分かってしまうような状態になってしまいます。夜の仕事は通知をしないような、非常に危ない所でしかアルバイトが出来ないとまで言われており、これからどのように変わっていくのかが注目されます。

 

ただ、ばれてもいいからというプロ意識を持っている方であれば、マイナンバーの影響は全くありません。

 

副業がバレる理由は?

マイナンバー水商売副業

マイナンバー制度が開始される事により、懸念されている一つにおいてサラリーマンの副業が挙げられています。多くの場合、副業が禁止されているサラリーマン。その為、マイナンバー制度の開始で、副業がバレてしまうのではないかと冷や冷やしている人も少なくありません。

 

副業が会社にバレてしまう可能性として挙げられるのが、住民税です。勤務先は、社員の住民税をある程度推測する事ができ、また、同じ給与の社員と比べる事が可能になっています。

 

その為、1人の社員の住民税が他の社員の住民税に比べ、多かった場合、他からの収入を得ていると言う事がわかってくるのです。

 

しかし、今までは、それ以上調べる事は難しくなっていた為、それ以上の追及を行う事はありませんでした。それが、マイナンバー制度の導入に伴い、管理が簡素化される事により、簡単に他からの収入を調べる事が可能になってくるのです。

 

その為、マイナンバー制度の開始と共に、副業がバレてしまう危険性が高くなると言う事が言えるのです。

 

これらを防ぐ為には、確定申告を行う際、住民税の徴収方法の選択を給与から差引きにするのではなく、少し面倒になりますが、自分で納付するようにする事で、会社にバレる危険性を低くする事が可能です。副業を行う際は、確定申告が必要となっており、その際、注意し正しく確定申告を行えば、マイナンバー制度が開始されたからといって、副業が会社にバレてしまうといった事はなく、安心する事ができると思います。

 

マイナンバーの副業の抜け道については、下記サイトの解説が分かり易いです。。

 

>マイナンバーの副業抜け道の真実

更新履歴
このページの先頭へ
FXデモトレード